スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き直し

今読んでる本で、その著者が
「エジョフは尋問によってありもしないさまざまな汚名(ホモ、ドイツ・ポーランド・日本のスパイ、父親が売春宿を経営してて母親がそこのショーダンサー、生まれはペテルブルクではなくリトアニアのマリヤンポレ 等)を着せられた」
と書いているのだけど、確かにその全てのものが真実ではないことは大いに理解できるが、一つくらいマジモンの事実が混じってるほうが個人的に親近感沸くわ。大酒のみは本人も法廷で肯定してたから、それは事実なんだろうが。
特にリトアニア出身者っていうのは本当だといいなーと勝手に思ってる。ほら、ポーランド国境付近のごくごく地方で生まれた貧しい男が努力と手腕によってのし上がる、って言うほうが物語として美味しくない?そうでもない?
それにポーランド人を徹底的に弾圧した分かりやすい説得力にもなるわよね、とか。ハイドリヒ=ユダヤ人説的な。自分がポーランドとの繋がりを疑われないためにとりわけ過剰にやった、みたいな。
まあでも、まっさら綺麗で、汚点と言えば大粛清を実行したことだけ!(…)という男が次から次へ嘘で塗り固められてしまい、現在残る逸話の数々は全て創造上の産物であり実物は暗黒の中に葬られた、というのも、ソ連ならさもありなんという気もしますが。
真実はいつも一つ!なんですけどね。まっとうに分かりゃ苦労しねー。
ベリヤもヤゴダもどこまでが本当なんですかねっていつも思うわ。


冷血
The・秘密警察!みたいな、The・取調官!みたいな。
この帽子って描くの苦手なんですが、やっぱり被ってビシっとしてる姿はかっこよく見えますよね。
持ち物が警棒ではなく鞭なのは趣味です。

もう一個絵があるのですが、ででどんと置くのは恥ずかしいので折っておきます。
一仕事終了
しかもサムネイルっていう。無駄にでけえんです。
如何にエロい雰囲気をさせるかってことに一生懸命になりました。そりゃ一生懸命にもなれるさ。好きな要素の塊だもの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柿田

Author:柿田
柿田さんです。絵と創作と世界史が主成分です。

カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。