スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょあ

ちょあっ

ひぎゃあああああああああああああああああああああああ!?!?!?!?!?!?!?


亀さんテロすぎありがとう幸福すぎて死んだ即刻保存したわよ!!!!!!!!!!



以下追記
---------------------------------------------------------------------------------------

めっちゃ肝臓&肺悪そうでなんなの…この小人、ちゃんと40代のおっさんしてる…やだかっこいい///
しかもこうやって見比べると私のほうのエジョフ、ただのソフトモヒカンすぎてめちゃチンピラっぽい!でもこれで慣れちゃったからこれで描くね。
本当にありがとう。
あと亀さん!→ヤツの名前はエジェフよりエジョフのほうが一般的だと思う!余計なら超ごめん!ほんとありがとううへへへ///

---------------------------------------------------------------------------------------
以上私信


散々うほうほにやにやして落ち着いたので追記。



現代まで残るスターリンの影響がうんたらかんたら、みたいな番組をBSで見ました。
すごい勢いで大粛清について取り上げられて、ニヤニヤはしないもののめちゃテンション上がってた。実はルビャンカのジェルジンスキー像見るの、これが初めてな気がするわ///
NKVDって単語が出るたびに過剰反応してた。エジョフは!?エジョフは出ないの!?とか思ってたけどエジョフどころかベリヤすら。むしろスターリン以外の政治家で触れられたのはプーチンだけだった。そりゃ勝てねえ。
けど大粛清は酷いことだ!という話はたくさんやった。ごもっとも。

またこれは後日見返す。そして、録画してあるけどまだ見ていないソ連崩壊番組もあるからそっちは明日見る。何なんですかねこのソ連充っぷり。ソチ五輪近いからか。



そしてあまりに描く人物に偏りがありすぎるだろ、と思って
トハ
トハチェフスキーでも描いておいた。
エジョフばっか見てるから、いざトハのような軍人を見ると肩幅にびびりまくりますね。トハさん頭小さいし。
何でトハチェフスキーかって言うと、エジョフみたいなアレなキチガイじゃなくて、もうちょっと普遍的人気を勝ち得そうな人でも描こうよ。って脳内会議で決定したから。
あと知人にめっちゃトハチェフスキーに似てる人がいるんだよね…。けど「貴方ってトハチェフスキーにすっごく似てるの///」なんて告白したところで奇妙以外の何者でもないので黙ってます。

ちなみに、この界隈でもっとも普遍的人気を誇るであろう第三帝国で一番好きなのはゲーリング(参考:ウィキペディア)。普遍的人気?何だそれ?エジョフに近しい立ち位置を持つハイドリヒやちびのゲッベルスじゃないあたり、なんかこじらせてる。
ゲーリングはいつか描きたいな。描きたいなと思いつつ描くのはソ連人ばっかりなんだけど。
そういえば、今読んでる本に「エジョフはアイヒマンのようにつまらない男ではない」って書いてあるんだけどこれアイヒマンオタ(…)に喧嘩売りすぎだろ。
私はアイヒマンについては、ウィキペディア知識しかないから「ふーん確かにイエスマンでござる」って思ったけど、エジョフだってウィキペディア知識で見たらきっと同程度(ていうか今現在の私も同じ認識)なので、アイヒマンが本当につまらない男かどうかは私では判断できぬ。
アイヒマンについて書いた本に「アイヒマンはエジョフのようにつまらない男ではない」って書かれてたら笑える。

なんにせよ、作者がそう言いたくなるような人物としてエジョフを見ているらしいので(なんか「エジョフは自らの権力のためにスターリンすらも操ったのだ」みてーなこと書いてあって全力で白目剥いたわよ)、これから読み進めるのが楽しみです。
ようやく、『エジョフ君のよく知られてる人生のおさらい』終わった!これから本番!わくわく。



あとなんか気持ち悪いの置いてあるから折っておきます。普通に腐向け。


むりやりだったから

お脳暖かな深夜に『無理やりされてる』絵を描いたので、その後冷静になれない頭で描いた続き的な落書き。
流石にメインディッシュのほうはここにあげるのは自重しときます。はい。
この絵ではこいつらは共同アパートにでも住んでいるのだろうか、というね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柿田

Author:柿田
柿田さんです。絵と創作と世界史が主成分です。

カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。